短時間正社員制度と育児短時間勤務制度について

短時間正社員制度について教えてください。
限定社員制度のうち所定労働時間を短くした労働時間の限定=短時間社員制度の導入を考えています。
当社はシフト制の会社なのですが、産休復帰者も多く、引き続き勤務していただくためには、有効な策だと考えています。
ところで、育児介護休業法で、育児短時間というのがあると思いますが、育休者からすれば同じように時間を短縮して働けるという点では同じなのでしょうか。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

回答

ご認識の通り、通常の正社員よりも時間を短縮して働くという点では同じです。

ただし、育児支援を目的とした短時間正社員制度 においては、育児・介護休業法で求められている内容に留意する必要があり会社としては注意が必要です。育児・介護休業法では、3 歳未満の子を養育するための短時間勤務制度 ( 原則 1 日 6 時間勤務 ) の導入が義務付けられています。

また職務内容等は、フルタイム正社員への復帰を念頭に置いて、社員のニーズや円滑なキャリア形成、円滑な業務遂行の観点等から、適切に設定する必要があります。社員のニーズや業務の内容・性質等も踏まえ、適切に設定することが大切です。
短時間勤務の期間についても社員のニーズや円滑なキャリア形成とともに、制度導入の目的 ( 定着やモチベーション向上 ) の達成という観点に立って適切な期間を設定する必要があります。複数回の利用等によって制度利用が長期化することで、モチベーションの低下やキャリア形成の遅れが生じる懸念もあるので、この点に留意して期間を設定する必要があるでしょう。
 どの程度労働時間を短縮すれば社員のニーズに応えられるか、どの程度までの時間短縮であれば円滑な業務遂行が可能か、といった双方の観点等を踏まえ、柔軟に設定することが重要です。

公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑