会社イベントの交通費の計上方法

日本の人事部回答用

家族参加型の会社イベントを予定しています。
バスを手配する予定ですが、お子さんが小さい人や会社に行くより直接現地集合した方が早い人、また、バス酔いするので電車を希望する人など様々です。
このように現地集合する社員の交通費も出席率を上げるために全額または一部会社負担にしようと考えておりますが、問題ありませんか?
また、福利厚生費として計上可能でしょうか?

回答

家族同伴型のレクリエーションでは、家族分の費用も高額でなければ福利厚生費として処理できます。
交通費も同様に、社会通念上一般的と考えられるものであれば、本人分および家族分の実費交通費を福利厚生費として処理して問題ないでしょう。グリーン車利用等は社会通念上一般的とは考えにくいので福利厚生費として処理するのは避けたほうがよいでしょう。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑