裁量労働制とフレックスタイム制の違いと適用について

当社では、裁量労働制を導入している一方、全社員を対象に「フレックスタイム制」を導入しております。

フレックスタイム制のコアタイムは午前10時から午後4時までで、一日の勤務時間が4時間未満の場合は出社とみなさず欠勤として扱っております。

 

このとき、裁量労働制適用者にはコアタイムをともなったフレックスタイム制を適用することはできず、法の趣旨に反すると考えております。

また、管理監督者は時間外時間・休日・休憩を管理せず適用除外であるため、コアタイムを伴ったフレックスタイム制も適用されないものと考えております。

 

 

就業規則で上記を明確に記載していないため、見直しを考えておりますが、もし何か認識が違っているところがございましたらお知らせいただけますでしょうか。

回答

基本的にご理解の通りです。
裁量労働制は、業務の遂行方法、時間の配分が大幅に労働者の裁量に委ねられる一定の業務に従事する労働者を対象に実際の労働時間ではなく、みなしの労働時間で管理するものです。
それに対して、フレックスタイム制では始終業の時刻を労働者に委ねますが、清算期間における法定労働時間と実労働時間との過不足を賃金に反映させますので一人の労働者に両方の制度を適用できるものではありません。

管理監督者の場合は労働時間の制約を受けないのでフレックスタイム制は適用されるものではありませんが、一方で管理監督者は業務の指示や進捗の確認を行う必要があります。
法令や就業規則の観点では適用されないとしても、マネジメントの視点ではフレックスタイム制の対象労働者に準じた出退勤を踏まえてもらう意識づけは大切だと申し上げておきます。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑