職場における通称使用について

【概要】
結婚して苗字が変わる社員から、職場では「旧姓」で通したいという要望があります。
現在、当社では「通称」を認めるかどうか具体的な取り決めはありません。
当該社員は、会社に対しては結婚に伴う氏名変更の申告をしており、給与明細や源泉などは「新姓」へ変更になっています。あくまで職場内やお客様への対応時の通称を「旧姓」のままにしたいとう要望です(名刺、ネームプレート、社内報、ホームページ掲載の名称等を旧姓のままにしたい)。

【質問】
このようなケースの場合に、
法律や社会通念上に照らし「通称」を使用してよい範囲に線引きはあるのでしょうか?

懸念している点としては、
「旧姓」のままを認めた場合、当該社員は国家資格が必要な専門職についているため、「資格証の名前」と「通称」が異なることによるトラブル、などを考えております。

ご回答よろしくお願いします。

回答

御質問にお答えさせて頂きます。
法律上、職場においての通称使用を制限する法律はありません。
他方、社会通念上に照らし、「通称」を使用してよい範囲に線引きはあるのでしょうか?ですが
社会全体では職場の旧姓使用は広がってきていると聞きますが、、依然として通称使用を制限する職場が多いのも事実のようです。
「通称」をしようして良い具体的な線引きはありませんが、就業規則等で定める事をお勧め致します。
また、当該社員は国家資格が必要な専門職についているため、「資格証の名前」と「通称」が異なることによるトラブルなるとのご指摘ですが、
名刺であれば、資格者証に記載の氏名と旧姓を併記する事で混乱は回避できると存じます。


The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑