65歳以上の厚生年金保険料控除・年金受給の並立について

524b90b4309ffc3b382545b437988d551

質問

66歳の社員から「現在、年金を受給しているが、なぜ給与で厚生年金が控除されているのか」という問い合わせを受けています。

年齢から年金受給を受ける年齢であるとは思いますが、厚生年金にも加入しているため、保険料が控除されることは妥当であると考えております。

社員が納得するよう説明をしたいのですが、本人に示すものとして何か根拠のようなものはありますでしょうか。

回答

厚生年金保険は、以下のように法律で被保険者を定義し納付を義務付けております。
<第九条>適用事業所に使用される七十歳未満の者は、厚生年金保険の被保険者とする。

また、老齢厚生年金の受給権について以下のように規定しております。
<第四二条>老齢厚生年金は、被保険者期間を有する者が、次の各号のいずれにも該当するに至つたときに、その者に支給する。
一 六十五歳以上であること。
二 保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が二十五年以上であること。

上記定めは別々に運用されますので、65歳から70歳までの間は納付と受給が同時に発生いたします。

年金事務所のパンフレットにも案内がございます。
http://www.nenkin.go.jp/pamphlet/seido-shikumi.files/0000000011_0000028122.pdf
「70歳未満で老齢厚生年金を受給している人を雇用した場合でも加入要件を満たす方は被保険者になります」P2下段
こちらのパンフレットをご本人様にお渡しいただいてもよろしいかと存じます。

ただし、厚生年金の加入要件に満たない働き方であれば納付はございません。あくまでも厚生年金に加入するのであれば納付と受給が並行することになります。今回、ご入社の方であれば加入しない程度の労働時間に抑えることで受給のみにすることが考えられます。すでに働いていらっしゃる方であれば、労働時間を加入要件に満たないように抑え資格喪失することで受給のみにすることが考えられます。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑