客先に常駐している社員の勤怠管理について

1109

当社では社員の勤怠を社内システムで管理しています。

客先に常駐勤務している社員はそのシステムを使用することできないため、社員から上司に日々の出退時間をメール連絡し、それを受けた上司が社内システムに代理でデータを登録するという方法で進めようと考えています。

 

この場合の出退時間の連絡やシステム登録する時間は労働時間としてカウントされるものなのでしょうか?

毎日の報告であれば数分間の作業ですが、1週間単位で報告する場合はさらにまとまった時間をとることになってしまうということで、社員より質問があがっているためお教えください。

 

回答

使用者側には労働時間の適正な把握のために講ずべき措置が具体的に示されておりますが、労働者側には具体的な措置は講じられておりません。
そのため、労働者による出退勤の連絡やシステムへの登録時間の多くは問題視されない程度のものとされているのが実情かと思います。
(退勤時に業務報告書などを作成し、それを会社へ報告するなどの場合は別になりますので別途ご確認ください。)

よって、労働者が負担すべきもので、労働時間とは認識しがたいと考えます。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑