同月得喪の場合、保険料の処理方法はどうする?

0512

4月1日付で入社した社員ですが、同日に社会保険に加入し、その後退職のため4月29日付で社会保険を喪失しました。

平成27年10月の改正により、この社員の4月分の厚生年金保険料について控除せずに給与計算を実施しようと考えています。

何か問題が発生するでしょうか。

回答

お問合せいただきました厚生年金保険料の件につきまして、実務上の流れをご案内しますと、年金事務所において、該当者が国民年金等に加入したことが確認できた場合、該当事業所へ還付(充当)の通知が送付されることになります。(この間2~3ヶ月要すると言われております。)

このため、退職者が国民年金等への切替を行わなかった場合、事業所は厚生年金保険料の還付を受けることが出来ないことになります。

切替手続きを行わないまたは遅延の可能性を含め、後日ご本人様への返金処理は必要となりますが、一度厚生年金保険料を徴収していただくことをお勧めしております。

また、経理の方へはこの年金の手続きが行われてから、事業所の保険料への充当の通知が直ちに行われるわけではないため(最終的には6ヶ月かかるといわれております。)、保険料の請求にずれが発生する可能性があるということを共有していただければと思います。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑