健康診断の未受診者への対応

0210

健康診断について、受診を何度勧めても受診してくれない社員がいます。

毎年、同じメンバーで困っています。

 

どのように話をすれば受けてくれるでしょうか。

また、未受診は解雇の対象になりますでしょうか。

回答

自身の健康管理はとても重要であり、また会社としてもずっと元気に働いてほしいと思っているので、と健康診断の意義、重要性について伝える・法律上(労働安全衛生法66条)、労働者には健康診断を受診する義務があることについて伝える上記のような点を中心に説得するのがよいかと思います。
また、担当者が言っても聞かない場合は、未受診者の上司から受診を働きかけてもらうのがよいでしょう。

解雇などの対応については、この点だけをもって解雇はいき過ぎではありますが、懲戒処分の対象とすることは可能です。
判例では減給が認められた事例もございます。
未受診者がいるということは会社にリスクが生じる問題となりますので、そういった対象者が多数でないようにするためにも、厳しい態度で臨んで問題ありません。
何かあったときのために、会社としては受診をきちんと勧めた、という記録を残しておかれるとよいでしょう。
The following two tabs change content below.
marcy

marcy

SRの広報写真担当(のつもり)。常駐業務とバックオフィス業務を両方持たせていただいております。簪を日常に取り入れたい。

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑