短時間正社員の社会保険はどうなる?

近年、いわゆる「短時間正社員制度」を雇用形態の一類型として導入する企業が増えつつあります。これに伴い、短時間正社員に係る厚生年金保険及び健康保険(以下「厚生年金保険等」という。)の適用について、正社員の3/4以下の勤務時間の働き方になる方の社会保険を継続して加入できないかという問題が出てきました。

 

 

回答

社会保険を適用させるためには、平成28年10月施行の適用拡大までは、正社員のおおむね3/4以上の労働時間があることが必要ですが、短時間正社員については、以下の3点を満たせば適用させることができます。(庁保険発第 0630001 号 参照)

① 労働契約、就業規則及び給与規程等に、短時間正社員に係る規定があ る
② 期間の定めのない労働契約が締結されている
③ 給与規程等における、時間当たりの基本給及び賞与・退職金等の算定 方法等が同一事業所に雇用される同種フルタイムの正規型の労働者と同 等である場合であって、かつ、就労実態も当該諸規程に則したものとな っている

短時間正社員制度を導入するにあたって、まず労働契約、就業規則及び給与規程等において、短時間正社員について明確に規定する必要があります。具体的には下記をご参照ください。

短時間正社員とは、「他のフルタイムの正規型の労働者と比較し、その所定労働時間が短い正規型の労働者であって、①期間の定めのない労働契約を締結しているものであり、かつ、②時間当たりの基本給及び賞与・退職金等の算定方法等が同一事業所に雇用される同種フルタイムの正規型の労働者と同等であるもの」 等
The following two tabs change content below.
本澤 彰一

本澤 彰一

人事制度・分析・シミュレーション担当 制度運用や労務全般の実務を担う ITリテラシー研修講師 人事の分野で使えるエクセル技や法改正情報を掲載中
本澤 彰一

最新記事 by 本澤 彰一 (全て見る)

公開日: 育児介護休業

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑