年金保険料の免除どうなる?

子育て家庭には嬉しい!

厚生労働省の社会保障審議会において、産前産後・育児期間中に休業する人の年金保険料を進めることを提案しました。

これまで産前産後休業・育児休業は厚生年金に加入している人のみに行われていた保険料免除ですが、自営業の方や非正規社員などの、国民年金の加入者も対象となる見通しです。

子育てをしている世帯でも、厚生年金には加入しておらず保険料の負担があったため、その負担を減らすための取り組みとなります。

しかい、財源はどこから得るのか…年末にかけて議論を詰め、進めていくとのことです。

 

扶養に入る?入らない?

その一方で、社会保障審議会の年金部会では、「第3号被保険者制度」も議論されました。

近年共働きが増えていることもあってか、制度の廃止を求める声が目立ったようです。

しかし、現在その対象は900万を越えるほどいるとのことですので、廃止は当面難しい状態ですが、厚生年金の加入基準を引き下げ、パート社員として働いている人にはなるべく自身が厚生年金に加入してもらおうとしています。

 

こんなニュースを、毎日配信!

アウトソーシングSRでは、上記のような情報をメルマガにてお送りしております。(もちろん無料です!)

登録はこちらからどうぞ!

↓↓  サンプル  ↓↓

【 国民年金支払い 65歳まで引き上げか?】
 
厚生労働省が国民年金の支払い期間を65歳まで引き上げることを検討しています。
人々の働き方が多様化して平均寿命も上がってきており、男性の平均寿命も80歳を超えたいま、60歳で定年はあまりにも早いような気もします。退職後の社会保障は手厚くなるのでしょうか。
 
こちらからご確認ください。
⇒ https://media.o-sr.co.jp/news/news-4984/
 
o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*

◆◆本日の助成金情報【平成27年度助成金】
 
*建設・介護等重点分野の方に朗報!人材定着率目標達成で60万円追加支給
 
厳しい人手不足に陥っている建設、介護、保育、看護分野の「重点4分野」を対象とした各種助成金制度の拡充、能力開発支援などを予定していることがわかりました。
労働者の定着率目標を達成した企業に 60万円 を追加支給する助成金を創設するほか、建設労働者確保育成助成金の拡充、介護分野への新たな財政支援制度の創設なども予定しているそうです。
→ https://media.o-sr.co.jp/money/money-5025/
 
*創業・創業を支援する助成金 最大1,000万円!
 
新たに企業チャレンジする創業・第二創業者、創業支援者を対象に、経費の2/3が助成される支援事業の公募が来年度も始まります。
過去の例としては、
日本の文化を世界に発信する外国人観光客向けWebメディア事業
夜間往診専門動物病院の展開事業
などを行っている企業が受給しています。
→ https://media.o-sr.co.jp/money/money-5013/
 
o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*

ぜひご登録ください!!

 

The following two tabs change content below.
marcy

marcy

SRの広報写真担当(のつもり)。常駐業務とバックオフィス業務を両方持たせていただいております。簪を日常に取り入れたい。

公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑