労働時間が8時間になった経緯

現在日本では労働時間が1日8時間・週40時間と定められていますが、この労働時間になった経緯というのは、イギリスの産業革命までさかのぼります。

イギリスでははじめ、労働時間が長ければ長いほど良いと言われ、14時間労働が行われていた時期もあったそうですが、健康問題や生産性の低下、労働時間の短縮運動などによって工場法が制定されました。アメリカでも8時間労働制を求める大規模なストライキや抗議集会が行われ、1919年に開催された国際労働機関第1回総会で「1日8時間・週40時間」が国際的な労働基準として定められました。日本では、工場法施行後、労働基準法が施行され、1日8時間労働が定着しました。

 

この8時間労働ですが、「さらに短縮すべきだ」という主張を掲げる人たちが出てきています。果たして、どういった背景から生まれた意見なのでしょうか…

 

 

続きはこちらからご覧ください。

8時間労働が誕生した経緯と労働時間を短縮すべき理由

 

The following two tabs change content below.
marcy

marcy

SRの広報写真担当(のつもり)。常駐業務とバックオフィス業務を両方持たせていただいております。簪を日常に取り入れたい。
marcy

最新記事 by marcy (全て見る)


公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑