午睡で仕事の効率は本当に上がる?

スライド1

あなたは、そしてあなたの周りの人は、十分な睡眠がとれていますか?

 

本来、人間に必要な睡眠時間は7時間以上と言われています。

米国立睡眠財団の調査によると、日本の平均睡眠時間は6時間22分であるそうです。米国では6時間31分、英国では6時間49分、ドイツでは7時間1分という結果が出ていますから、日本人が特別睡眠時間が少ないということはありませんが、1.5時間は足りていないということがわかります。もちろん、すべての日本人がこの時間を確保できている訳でもなく、も平日の夜に7時間以上眠れているという日本人は、全体の約3分の1程度との現状もあります。

しかし、仕事も忙しく、これ以上睡眠時間をとることが難しい…という方も。

 

最近では「睡眠マネジメント」という言葉も出てきており、仕事の効率を睡眠から改善しようという動きもあります。

とある企業では「シエスタ(=スペイン語で「昼寝」の意)制度」という仕組みを導入して業務効率改善を図るなど、新たな取り組みが注目されています。

 

続きはこちらからご覧ください。

(参考:ダイヤモンドオンライン 6月16日)


公開日:

The following two tabs change content below.
marcy

marcy

SRの広報写真担当(のつもり)。常駐業務とバックオフィス業務を両方持たせていただいております。簪を日常に取り入れたい。

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑