大卒の3割以上が3年以内に離職~最新調査より

news008

大卒社員の3割が3年以上にせっかく入った会社を退社・・学生にとっては折角の
一生に一回の「新卒カード」を切って入った会社でキャリアを積むことができず、
企業にとっても多大な採用費と手間をかけて期待した学生に去られる・・という
両者にとって、不幸なことだと思います。

記事をみると、激務が恒常化している飲食などサービス業での離職が多いようですし、こうした業種のなかにはある程度以上の早期離職は「折込済」で採用をしている企業も少なくありません。しかし、少しでもミスマッチを起こさないために就活で、大企業だけでなく、広く新卒を採用しはじめているベンチャー・中堅企業に目を向けてもらうことも大事でしょう。

参照:2013年10月29日  日経速報ニュース

大卒31%が3年以内に離職 10年3月卒、厚労省まとめ

厚生労働省は29日、学校を卒業して就職後3年以内に仕事を辞めた割合がリーマン・ショック後の2010年3月の大学卒業者で31.0%になったと発表した。前年度の卒業者と比べて2.2ポイント上昇した。

厚労省はこの年の卒業生の就職活動では、大手企業が採用を抑制したため、職場環境が厳しく離職者が多い業種への就職が増えたことが要因とみている。いわゆる「ブラック企業」の増加も大卒者の早期離職の背景にありそうだ。

就職先の業種別では、宿泊業・飲食サービス業が51.0%、教育・学習支援業が48.9% 医療・福祉が37.7%など。サービス関連で平均を大きく上回る離職率になった。

早期離職すると、職業経験を積みにくくなり正規社員への定着が難しくなるケースも多いことから、厚労省は就職活動中の企業情報の提供に加え、企業側にも新規採用者への教育の充実を促し、新卒者の職場定着を図る考え。


公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑