就業規則の改定に関わる労働関連法令と今後の動向

法律

2月に入り、今年度もあと2ヵ月。

就業規則の見直しを行っている人事担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、就業規則の改定に関わる労働関連法令について改めてまとめていきます!

 

労働条件や就業規則の決定・改定は、労働関連法令の改正があった場合に、あるいは社内において労働条件を見直す必要性が生じた場合に、その都度実施されます。したがって、労働法の改正動向や職場における労働条件の見直しに関する社員からの要望などを的確に掴むことが必要になります。

 

 

 

職場の労働条件に関わる、労働に関する法律

 

○労働基準法(労基法)

法定労働時間など、会社が順守する最低の労働基準が定められている。

 

○労働契約法

労働契約、就業規則の変更などに関する基本的な事項が定められている。

 

○労働安全衛生法(安衛法)

安全衛生管理体制、機械や危険物に関する規制などが定められている。

昨年12月に施行が始まったストレスチェックの義務化はこの労働安全衛生法改正によるもの。

 

○育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律(育児・介護休業法)

育児・介護を行う労働者に対して事業主が講ずるべき措置について定めている。

 

○雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律

(男女雇用機会均等法)

募集・採用、配置、昇進などについて、性別による差別的取り扱いの禁止を定めている。

 

○雇用対策法

募集採用における年齢制限の禁止、外国人雇用状況の届け出について定めている。

 

○高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(高年齢者雇用安定法)

定年の引き上げや継続雇用制度の導入等に関することが定められている。

 

○障害者の雇用の促進等に関する法律(障害者雇用促進法)

障害者の雇用に関する事業主の責務について定めている。

 

○短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(パート労働法)

パートタイム労働者の待遇を通常労働との均衡のとれた待遇にすること等を定めている。

 

○労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律

 (労働者派遣法)

派遣労働者を受け入れる職場(派遣先)が講ずるべき措置についても定められている。

 

 

2016年4月に施行される改正法令

 

○高年齢者雇用安定法

 

平成25年に改正された障害者雇用促進法が2016年4月から施行されます。

雇用の分野における障害者に対する差別の禁止と、障害者が職場で働くに当たっての支障を改善するための措置(合理的配慮の提供義務)を定め、同時に、精神障害者を法定雇用率の算定基礎に加える等の措置を講ずることが定められています。

 

 

 

今後改正される動きのある法律

 

○労働基準法

 

長時間労働の抑制や年次有給休暇取得の促進、多様で柔軟な働き方の実現を目的として、昨改正された労働基準法についての審議が進められていましたが、一旦見送りとなっています。

成立は秋以降に先送りされていますが、確認が必要です。以下に内容を簡単に挙げております。

 

(1)  中小企業における月60時間超の時間外労働に対する割増賃金の見直し(2019年4月1日施行)

(2) 著しい長時間労働に対する助言指導を強化するための規定の新設

(3) 一定日数の年次有給休暇の確実な取得

(4) 企業単位での労働時間等の設定改善に係る労使の取組促進

(5) フレックスタイム制の見直し

(6) 企画業務型裁量労働制の見直し

(7) 特定高度専門業務・成果型労働制(高度プロフェッショナル制度)の創設

 

 

○介護・育児休業法

 

厚生労働省は現在家族1人につき原則1回の取得に限っている介護休業を、分割して取得できるようにするという介護休業制度拡充方針を発表しました。これは、仕事と介護の両立に適した環境を整備し、管理職など企業の中核となる40~50歳代の人材の、介護を原因とする離職を防止することを狙いとしたものです。

厚生労働省は、2016年に育児・介護休業法を改正し、2017年に施行することを目指しています。

この改正が確定すれば、合計93日間の介護休業を3回に分割して取得できる、親の介護休暇や子どもの看護休暇を半日単位で取得できるようになる、適応される対象範囲が広がる、等の変更がなされる方針です。

 

 

介護離職の問題を抱える企業が多く、女性の職場での活躍が期待されるいま、

今後の育児・介護休業法の動向に注目です。


公開日:

The following two tabs change content below.
大石夏実

大石夏実

『会社の裏側から働く人を支えたい!』そんな思いから、九州の島から上京。新卒採用、定着、教育、研修を中心に記事を書いていきます!

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑