時給アップより効果的?勝手に良い人材が集まる企業の「ほめる」技術

 

アルバイトの力が中心の企業は、より人を雇うために、時給を上げるなどの対応をします。また、アルバイトを雇っている企業に限らず、多くの企業が待遇を良くするなどして改善を図っています。

しかし、いくら待遇が良くても、個人のモチベーションや職場の雰囲気が良くなければ、人は離れていくばかり。

 

 

そこで注目されるのが「ほめる」技術 です。

部下や従業員を「ほめて」育成することには、メリットが3つあるといいます。

 

 

メリット1 ☆ 売上があがる

お客様と接し、実際に売上を上げているのは、他でもない、現場にいる従業員たちです。

従業員が暗い雰囲気で仕事をしていれば、お客様の気分も下がり、次第に寄り付かなくなってしまいます。また、気持ちのいい接客をしてくれるスタッフには、何度も会いたくなりますよね。

だからこそ、経営者は現場の従業員たちを信じて、ほめるべきです。経営者が「現場はがんばっていない」と言ってしまうと、彼らなりの頑張りを否定してしまうことになり、それはモチベーションの低下につながります。

現場にタッチできない分、もう十分がんばっている現場の行動や言動を見つけて、ほめることができように、経営者側もがんばらなければいけないのです。

 

メリット2 ☆ 辞めない

若者がアルバイトをする際に重視していることというと、「業種」ではなく、「仲間」や「絆」であることが感じられます。

特に新人は、「この組織は自分のことを大事にしていてくれているかどうか」を察知し、もし大事にしてくれないと思えば、すぐに去ってしまいます。

しかし、従業員を大事にする会社には人が集まります。そこから優秀な人材が育ち、売上増加に貢献してくれるのです。

 

メリット3 ☆ 採用費を削減できる

優秀な人材を採用するために使う「採用費」は、想像以上に高くつきます。従業員が辞めるたびにまた採用活動…などという行動は、経営をすら圧迫してしまいます。

企業が何もしなくても、良い人材が集まる会社が理想。それには「ほめる」ことで会社の雰囲気を良くすることが大事になります。

「従業員が辞めにくい」ということも強みの一つになりますが、「良い人材が集まる」というのも会社にとっては大きな強みです。

 

 

従業員からブラック企業だと陰で言われる前に、「ほめる」ことの重要性を確認してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
marcy

marcy

SRの広報写真担当(のつもり)。常駐業務とバックオフィス業務を両方持たせていただいております。簪を日常に取り入れたい。
marcy

最新記事 by marcy (全て見る)


公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑