【マイナンバー】今更聞けない・・・個人番号カードは必要・不要?

2015年12月もいよいよ終盤、そんななかようやくマイナンバーの通知が本格化してきました。

 

ですが、我が家にも届いたこのマイナンバー届いてびっくり、このカードただの番号が記載されているだけで肝心のカードでは、ありません。

この「通知カード」と呼ばれるものは全てのマイナンバー付与者に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーが掲載された特殊な用紙のカードです。こちらは自動的に送られてくるカードになります。

では肝心の個人番号カードは・・・?

現在「個人番号カード」は申請した人にのみ与えられます。

本人が市区町村の窓口に行って交付してもらいます。あるいは、同封の返信用封筒に入れ申請書を送付します。 病気等で行けない場合は、委任状が必要となります。 「個人番号カード」はプラスチック製。 氏名、住所、生年月日、性別に、本人顔写真が掲載されます。 裏面に個人番号とICチップが搭載されます。
ですが、ICチップには個人情報が記録されているわけで、勝手にスキミングされるんではないかという不安が出てきますね。また、マイナンバーカードの受け取りは任意であり、マイナンバーカードを受け取らなくてもマイナンバー(番号のみ)はあります。

ですが、個人番号カード一枚で手続きが楽になることも確かです。

個人番号カード1枚でできること

個人番号を証明する書類として
マイナンバー(個人番号)の提示が必要な様々な場面で、マイナンバー(個人番号)を証明する書類として利用できます。

各種行政手続きのオンライン申請
平成29年1月から開始されるマイナポータルへのログインをはじめ、各種の行政手続きのオンライン申請に利用できます。

本人確認の際の公的な身分証明書
マイナンバーの提示と本人確認が同時に必要な場面では、これ1枚で済む唯一のカードです。
金融機関における口座開設・パスポートの新規発給など、様々な場面で活用できます。

各種民間のオンライン取引に
オンラインバンキングをはじめ、各種の民間のオンライン取引に利用できるようになります。

様々なサービスを搭載した多目的カード(※)
市区町村や国等が提供する様々なサービス毎に必要だった複数のカードが個人番号カードと一体化できます。

コンビニなどで各種証明書を取得(※)
コンビニなどで住民票、印鑑登録証明書などの公的な証明書を取得できます。
https://www.kojinbango-card.go.jp/kojinbango/index.html 個人番号カード総合サイトより

 

まだまだ、駆け出しのマイナンバー情報流出には注意しつつ、便利なところは活用して賢く使っていきたいですね。

以上2016年度内定者黒田がお届けしました!


公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑