効果的なWEBコミュニケーションで目標採用人数を達成しましょう!

 

最近注目されているのが『webコミュニケーション』を活用した採用活動です。
今回は、この「採用におけるwebコミュニケーション」について、その必要性や役割、メリット、導入企業の動向などを解説します。

景気の見通しが立たず、成長戦略を描けない中で、企業が安易に人材を採用することは大きなリスクを伴うものであり、以前より採用に対して慎重な姿勢をとらざるを得なくなりました。

目標採用人数に達しない場合でも、ハードルを下げて採用人数を優先することはなくなり、質を重視する傾向が出てきていることは、皆さまも実感値としてあるかと思います。

 

また、採用コストについても同様に、慎重に考える傾向が出てきております。
これまでの採用方法のメインであった、紙媒体やweb媒体での募集や、人材紹介会社等の有料職業紹介の利用といった採用手法がなくなることは考えづらいものの、採用に係わるコストや質を向上させるため、企業は様々な工夫を始めています。

今回は採用にまつわるWEBコミュニケーションについてまとめてみました。

 

webコミュニケーションとは

漠然としたイメージはできるものの、『webコミュニケーション』という言葉の意味について具体的な説明ができる方は、意外と少ないようです。では、そもそもwebコミュニケーションとはどういうものなのでしょうか。
webコミュニケーションとは、インターネットを使用しコミュニケーションを図ること全般を指します。SNSを利用しているのは個人だけではなく企業が活用する例も多く、大手企業各社でも社内コミュニケーションの活性化や、拠点間の情報共有、内定者囲い込み、SOX法対策等に使われ始めています。

また、採用活動での利用も増えてきており「ソーシャルリクルーティング」と言う言葉も使われるようになってきています。

 

 

ソーシャルリクルーティングとは

FacebookやTwitterといったソーシャルメディアの広まりとともに、2009年頃から「ソーシャルリクルーティング」という言葉が使われるようになりました。

ソーシャルリクルーティングに関してはいろいろな定義があり、一つは企業やリクルーターがFacebookやTwitter、その他のソーシャルメディアを利用して候補者を見つけるという採用の手法としていること、一つはソーシャルメディアを採用のツールとして候補者とのコミュニティを形成し候補者を「大勢の中」からではなく「顔の見える人」として採用するプロセスのこと、などが挙げられます。
欧米と比較して、日本ではまだそれほどソーシャルリクルーティングというキーワードが浸透していないとはいえ、実際にソーシャルメディアを使用した採用を行っている企業もあります。

 

ソーシャルリクルーティングの活用


ある企業で、従来のナビ(マスメディア)とソーシャルメディア(Twitter、自社採用ページ、その他)の両方を利用して採用活動を行ったところ、従来のナビでは2000名のエントリーがあったうち、5名の内定を出したのに対し、ソーシャルメディアではエントリーが300名にも関わらず15名の方に内定を出した、という事例があります。

この企業は、そのようなメディア別の採用比率に目標設定をしているわけでもなく、採用の選考ハードルを変えたわけでもないようで、結果として上記のようになったとのことでした。

なぜ使用する採用ツールの違いで、このような内定者の数に大きな差が出るような結果になったのでしょうか。

要因はいくつか挙げられるかと思いますが、その中の理由の一つとして考えられる点を述べさせていただきます。
この企業は、ソーシャルメディアを利用して絶えず候補者の方とコミュニケーションを取り続けており、またソーシャルメディアから来る候補者の質問に対して丁寧に答え、ときに候補者同士の会話に入るなど、積極的にコミュニケーションを図る工夫をしていました。

所謂、双方向でコミュニケーションを図っていたというわけです。

こうしたことを繰り返し行っていくことで、候補者は企業の文化や事業内容を深く理解し、その上で選考を受けることができます。
それに対し、従来のナビではどうしても候補者に対する情報発信は出来ても、コミュニケーションが一方向になりがちであり、たとえ企業側の採用面接をクリアーしてきたとしても、最後に何らかの理由によって採用に至らないことや、他社の内定を選ばれてしまうケースがあります。

また、入社に至っても、事前のコミュニケーション不足から入社前と入社後に相違を感じ、結果的にミスマッチになって早期退職となってしまうこともあります。

事前のコミュニケーションを、双方向でしっかりと取り続けることが結果としてより良い採用につながるというわけです。

 

最近では某大手IT企業がソーシャルメディアを使った採用活動を始めることを本格化しています。

Facebookを利用した採用枠を設けるほか、インターネット上の仮想空間での会社説明会や面接の実施も始めているようです。

SNSは、就職活動時の情報交換の場としても利用が増えているため、全国各地から有能な新卒や中途採用者を確保することを狙い、近く日本語版のFacebookに採用活動専用のサイトを開設することも、多くの企業が検討を始めています。
また別の企業では、mixiを活用して採用を試みている企業もあります。

 

ソーシャルリクルーティングに関する見解

上記のソーシャルリクルーティング事例は一つの成功例ではありますが、決して従来の採用手法が悪いというわけではなく、またソーシャルリクルーティングが良いというわけではありません。
従来のナビを使った採用手法というものは、そもそも紙媒体で行われていた採用手法をwebに置き換えたものであり、紙媒体の時代の採用手法とは大きくは変化していません。

単にソーシャルメディア使った採用がソーシャルリクルーティングということではなく、ソーシャルリクルーティングとは人と人との新たなつながりの中で仲間を見つけていく行為であり、そしてソーシャルメディアなくしては成り立たないシステムなのです。

 

是非一度自社の採用におけるwebコミュニケーションの活用について情報収集してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」のwebメディア。人事制度、採用、労務、HRtech、法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)


公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    用語説明

    チャット労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑