別人に給与は振込めるのか?

fdbb0f831225d2748dec1b68139fe63d_m

毎月一人の従業員の給与を2か所に分けて振り込みたいと思うのですが、1か所は本人名義で、もう1か所は息子さんの名義ということは、法律上問題ないのでしょうか?

弊社が使用している給与ソフトでは、名義をそれぞれ変更することは可能なので問題がなければ、それぞれの名義で振り込みたいと考えています。

回答

給与を2か所に分けて振り込むことは問題ありませんが、その振込先について、社員本人以外に賃金を支払うことは労働基準法第24条1項に定められている「直接払いの原則」により禁止されています。

労基法第24条には以下の5原則が定められています。
1) 通貨払の原則
2) 直接払いの原則
3) 全額払いの原則
4) 毎月1回以上の原則
5) 一定期日払いの原則

今回のポイントは2)の直接払いの原則です。

労働基準法第24項第一項の内容は、労働者本人以外の者に賃金を支払うことを禁止するものです。

ゆえに社員の親権者その他の法定代理人に支払うこと、労働者の委任を受けた任意代理人に支払うことはいずれも、本条違反となり、労働者が第三者に賃金受領権を与えようとする委任・代理等の法律行為はいずれも無効となります(昭和63・3・14基発150号、婦発第47号)。

したがって、息子さん名義の口座へ当該社員の給与を振り込むことは、労働基準法第24条1項に違反し、30万円以下の罰金となります。

公開日: 不正受給・未払い 賃金

The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑