給与を本人以外に振り込むことは可能?

従業員から毎月の給与の振り込みについて、一か所は本人名義で、もう一か所は奥様の名義に振り込みたいと相談がありました。

このような振り込みをすることは可能でしょうか?

回答

結論から申し上げますと、給与を二か所に分けて振り込むこと自体は問題ありませんが、社員本人以外に賃金を支払うことは労働基準法第24条1項に定められている「直接払いの原則」に違反することとなります。

「直接払いの原則」とは、賃金は労働者に直接支払わなければならないというものです。
ゆえに社員の親権者その他の法定代理人に支払うこと、労働者の委任を受けた任意代理人に支払うことはいずれも、本条違反となり、労働者が第三者に賃金受領権を与えようとする委任・代理等の法律行為はいずれも無効となります。
しかし、本人に支払うと同一の効果を持つ「使者」へ支払うことは差し支えないとされています。

また、労働基準法24条には「直接払いの原則」を含めた以下のルールが定められています。

1) 通貨払の原則
2) 直接払いの原則
3) 全額払いの原則
4) 毎月1回以上の原則
5) 一定期日払いの原則

これらに違反した場合、30万円以下の罰金を支払うことになりますので(労働基準法120条)、注意しましょう。
The following two tabs change content below.

阿部さくら

社会保険労務士を目指して日々奮闘中。社会保険手続き業務や給与計算業務などを担当。将来は労働者一人一人をあらゆる面でサポートできる社労士を目指します!絵を描くこととゲームが好きです。

最新記事 by 阿部さくら (全て見る)

公開日: 賃金

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    用語説明

    チャット労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑