留学生は1日何時間まで働けるのか?

0625

弊社では外国人の留学生をアルバイトとして雇用しています。
1日当たりに働ける時間がよく分からず、質問します。

 

いろいろなサイトを見たのですが、

週28時間以内(長期休暇期間中は1日8時間まで)
という文言ばかりで、1日に5時間とか7時間働いてもいいのかどうかが分かりません。
就学生は1日4時間という明記があるのに、留学生については見当たりませんでした。

 

1日の勤務時間は特に決まりは無く、週28時間以内という枠だけを守ればいいのでしょうか。

長期休暇期間中でなくても1日8時間働き、週28時間以内という枠さえ守ればいいのか、どれを遵守すればいいのか分かりません。

回答

外国人留学生の場合、就労の為には資格外活動許可を受ける事が必要となります。

その際、「資格外活動許可書」が発行されますので、そちらに記載されている就労の可否・就労可能時間数をご確認ください。
その範囲に特に制限がないということでしたら週28時間以内かつ1日8時間以内の就労であれば、1日5時間や7時間の就労も問題ございません。

留学生のアルバイトについては、「留学中の学費や生活費を補うために、勉強のさまたげにならない範囲」で行うものとされているため、週28時間以内という制限がございますが、教育機関の長期休業期間にあっては、1日8時間以内かつ週40時間以内の就労も可能です。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑