休日における研修について

いつもお世話になっております。
当社製造業ですが、古くから稼働しているNC切削機の今までの管理が不十分なため、急遽機械メーカーのメンテナンス担当者を呼んで社内研修(機械加工時やってよい事、悪い事等含めた研修)を土日開催いたしました。
ただし、このときの扱い(休出か時間外か)を明確にせぬまま対応したため、社員より「業務命令での社内研修より休出扱い」すべきとの声が出ております。
就業規則では事細かにきめておりませんでした。
どのように対応すべきかご教示願います。

回答

会社が業務命令で休日に研修を行なっている場合は労働時間となります。
例えば毎週日曜日を法定休日とすると言った就業規則があれば、その日においては法定休日出勤となりますので、割増率1.35で計算した賃金を支払う必要があります。
もし法定休日ではない土日だった場合、週40時間を超えた部分については割増率1.25、超えていない部分については通常の単価を支払う必要があります。
今回のように予めいつ研修を行うかが明確な場合においては、就業規則等で振替について定め、予め振り替える日を特定しておけば、その日は本来の労働日とすることができるので、週40時間を超えない限り、通常の単価で賃金を計算すれば問題ありません。(4週4日の休日の確保が前提です。)
週40時間を超えるような場合においては36協定、割増賃金の支払いは必要です。
なお、上記の要件を満たさず休日に労働をさせ、代わりの休日を与えた場合は代休の扱いとなりますので、振替休日と異なり、休日労働に対する割増賃金を支払う必要があるので注意が必要です。
The following two tabs change content below.

m-sr

最新記事 by m-sr (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑