高ストレス者に対する面接指導の留意点とは?

ストレスチェックで高ストレスの診断であった従業員に対して、 医師による面接指導を受けさせようと考えております。

その場合の留意点をお教え願います。

 

回答

ストレスチェック後、高ストレス者に対して面接指導の機会提供は企業の義務です。
しかし、実際に医師などによる面接指導を実現するためには労働者本人の申出が必要です。
従って、検査を行った医師等は、ストレスチェック後に所定の要件に該当する労働者に対して、面接指導の申出を行うよう勧奨することができます。

事業者は面接指導が実施された後、面接指導を実施した医師から、労働者の健康を保持するために必要な就業上の措置に関する意見を聴く必要があります。
医師の意見を聴いたうえで必要がある場合には、就業場所の変更、作業の転換、労働時間の短縮、深夜業の回数の減少、医師の意見の衛生委員会又は安全衛生委員会への報告等の適切な措置を行わなければなりません。

メンタルヘルスケアの重要性について経営者はもちろん、労働者も含めた職場全体の理解を一層深めていく必要があります。
The following two tabs change content below.
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」のwebメディア。人事制度、採用、労務、HRtech、法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    用語説明

    チャット労務士相談

  • 人事コンサル&社労士事務所

    株式会社 HALZ / 社会保険労務士法人 HALZ
PAGE TOP ↑