不妊治療を希望する従業員の雇用について

従業員より、妊娠するまで不妊治療に専念したいため、退職もしくは休職したいとの申し出がありました。弊社では、不妊治療のための制度がまだ何も整っておらず、休職を認めることが難しい状況です。このまま退職となっても何も問題はございませんでしょうか。

 

回答

不妊治療に専念するための休職を認めないことに問題はございません。
ただセンシティブな内容になりますので、従業員の方とお話しをされる際は、配慮が必要であるかと存じます。
今後につきましてですが、仕事と不妊治療の両立支援を政府は目指しております。
令和3年2月に次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画策定指針の改正があり、不妊治療を受ける労働者に配慮した措置の実施と項目が追加されました。このことからも、働きながら不妊治療を続けられる環境づくりを企業側に求めることになるかと存じます。

厚生労働省「不妊治療と仕事の両立のために」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_14408.html
The following two tabs change content below.
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」のwebメディア。人事制度、採用、労務、HRtech、法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 労務管理

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    用語説明

    チャット労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑