押し付けの目標設定を避けるには?

会社の目標、組織の目標を達成させるために上司が部下に目標達成のための割り当てをきめて、個別の目標を与える場合がありますが、押し付けのように思わられないようにモチベートするためにはどうすればいいのでしょうか。

回答

管理職は、会社の目標から組織、部署が定めた目標について部下に割り当てて受け入れてもらうことが必要になることがあります。このような場合、すんなりと受け入れてくれるとは限りません。相手のモチベーションを高めるにはどうすれば良いかということになります。一つの方法としては、”自分で目標を選択し、主体的に関わっている”感覚、「コントロールの感覚」を与えることがポイントとなります。一方的に目標を押し付けられたという感覚を取り除き、自律性を高めることが狙いとなります。そのために、複数の選択肢から目標を選べるようにします。この場合は、二択であっても構いません。
また、既に割り当てる目標が決まっている場合には、目標の達成手段を選ばせることで、選択の感覚を与えることができます。この場合、部下と一緒に決めることでも、コントロールの感覚が高まり、目標の価値や意義などを理解しやすくなります。価値などを理解できれば、目標を受け入れやすくなり、モチベーションも高まります。くれぐれも押し付けにならないように気を付けることが大切となります。
The following two tabs change content below.
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」のwebメディア。人事制度、採用、労務、HRtech、法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 人事制度設計

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    用語説明

    チャット労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑