給与の翌々月支払いは問題ないか?

現在雇用している派遣社員の給与について、派遣先からの派遣料金の支払いに合わせて、末締め翌月末払いから翌々月末払いに変更したいと思います。
締め日から支払いまでの期間が長くなりますが、法律上問題はないでしょうか?

回答

労働基準法では、労働者に確実に賃金が支払われるように、賃金の支払いについて次の5つの原則を定めています(第24条)。
①通貨払いの原則
②直接払いの原則
③全額払いの原則
④毎月1回以上払いの原則
⑤一定期日払いの原則

この条文においては、賃金の締切期間及び支払期限については規制されていませんので、毎月1回以上払い、一定期日払いが保証されていれば、締切期間や支払期限は就業規則等を含む労働契約により自由に決定できます。
支払期限については、必ずしもある月の労働に対する賃金をその月中に支払う必要はなく、不当に長い期間でない限り、締切後ある程度の期間を経てから支払う定めをすることも差し支えありません(厚生労働省労働基準局編 労働基準法コンメンタール)。
この「不当に長い期間」が具体的にどれくらいなのかは明記されていませんので、ご質問のケースは違法とまではいえず、許容範囲であるかと思います。

また、賃金支払日の変更においても毎月払いの原則を遵守しなければなりません。
ご質問のケースでは、丸々1ヶ月給与支給なしの月が生じてしまいますので、一部でも前払いで支給し、変更月に1回も給与が支払われないということがないようにする必要があります。

今回の場合、支払日がかなり後ろの期日に繰り下げられ、社員の生活に大きな影響を与えることになります。法定の手続きにより就業規則を変更するだけでなく、前もって十分に変更内容を説明する、賞与支払月に変更を行う、無利子で貸付を行うといった社員への配慮が必要でしょう。
The following two tabs change content below.
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 賃金

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    用語説明

    チャット労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑