定期健康診断を受診したくないという従業員がいます

会社の定期健康診断をどうしても受診したくないという従業員がいるのですが、どのように対応したらよいでしょうか。

回答

労働安全衛生規則第44条では、会社は常時使用する従業員に対して、定期健康診断を行う義務があると定めています。また、会社は従業員に対して定期健康診断を業務命令として命じることができ、受診拒否する社員に対しては、懲戒処分をもって対処することもできます。

ただ、一足飛びに懲戒とすればいいわけではなく、受診の目的を正しく理解してもらうことと、受診したくない理由をきちんとヒアリングすることも大切です。

定期健康診断は従業員を守るための施策です。
例えば、定期健康診断を受診したくない従業員に表面化していない病気があって倒れてしまったり、その病気が事業所で蔓延して他の従業員にも影響がでることも起こり得ます。そのような場合は、会社も安全管理義務を怠ったとして、罰則を受ける可能性があります。

また、受診したくない理由は、会社が指定した健診機関という方もいれば、協会けんぽ等の生活習慣病予防健診を利用している場合は、胃のバリウム検査を負担とされる方もいます。そのような理由であれば、ご本人の掛かりつけの医療機関で法定項目を満たす内容を受診いただけば解決します。

ご本人と充分に話し合い、柔軟に対応しましょう。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑