内定者にインターンシップ企画の協力要請をするときの注意点は?

現在、翌年の新卒採用該当の学生(今回で言うと2019年入社の方)に対し、1日単位のインターンシップを企画しております。

当初は、社員のみで企画を運営する予定でしたが、会社の業務や社内の雰囲気を知ってもらうため、今年度の新卒内定者(2018年入社の方)にも協力を要請しようと考えております。
もちろん強制的参加ではなく、アナウンスし、参加希望する方を集う形で考えております。

 

内容に関しては、交流会という形で、就職活動に関しての質問に答えてもらうような内容を考えております。

その際、交通費と昼食は支給しようと考えておりますが、日当については支給すべきでしょうか。

回答

今回の内容でいうと、研修のような企業が用意した本人のスキルアップの場ではなく次年度の新卒の囲い込みに向けた、学生フォローするアルバイトとしての協力の要素が強いため、給与(日当)を支払うべきだと考えております。
交通費、昼食に関しても同様です。

また、今回参加希望者を集う形をとられるとのことですが、参加しないことが内定者にとってデメリットにならないようアナウンスの際に注意されることも、内定者フォローの部分で重要と思われますのでご留意ください。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 募集・採用 採用・雇用

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑