社保の適用拡大、パート契約の途中でも加入は必要?

当社は、法施行時には社員数が500名以下であったことから、社会保険の適用拡大に関しては対象外となっておりました。

この度、会社の規模が拡大し、これから半年の間社員数が500名以上となる見込みです。

そのため、パート社員に社会保険が適用されることになりますが、その拡大するタイミングが雇用契約の途中であっても、そのタイミングに合わせて加入しなければならないのでしょうか。もしくは、次回の契約更新を行う月から加入すればよろしいのでしょうか。

また、雇用契約途中から社会保険に加入させる必要があるが本人から加入を拒否されたという場合、会社としては社会保険加入手続きができませんが、そのまま加入させずに働かせてもよろしいのでしょうか。

回答

有期雇用契約期間の途中であっても、社会保険適用拡大の対象事業所となった場合には、その月から社会保険に加入することになります。

また、社会保険の加入要件を満たしているのであれば、本人の意思にかかわらず社会保険に加入しなければなりません。
加入要件を満たしているにもかかわらず社保加入の手続きをしていない場合には、事業主が法令による罰則の対象となりうること、また年金事務所の調査などで遡って社会保険に加入させられるリスクもあります。
保険料負担などのマイナス面だけでなく、社保加入によって受けられる給付や将来の年金増額などのメリットも併せて説明し、社保加入の理解を得る必要があるでしょう。

それでも、どうしても加入したくないという本人の意思が強い場合は、加入要件を満たさないよう労働条件を変更するしかありません。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑