所定時間を延ばしたいが、不利益変更となるか?

現在、就業時刻は10:00~18:00の7.0時間となっていますが、始業前に準備のため9:30に出勤することがほぼ常態化しているため、9:30~18:00の7.5時間就業へ変更したく考えております。

また、基本給については就業時間の延長を加味して現在の1.08倍へ昇給しようとしております。
上記の変更は、延長時間に対応する賃金を支払う為、社員に不利な条件ではないとの認識をしておりますが、こちらは不利益変更にあたるでしょうか。

 

 

 

回答

労働時間の延長は、従業員の労働条件を引き下げる内容のため、不利益変更にあたります。
就業規則の変更による労働条件の引き下げは原則認められませんが、変更後の就業規則に合理性があり、また、労働者へ周知されている場合には、変更に反対の労働者にも変更の効力が及び、労働条件の引き下げが認められます。
今回の場合は、1つめの時間変更の影響、2つめの賃金増額の措置、ほか、変更の必要性の高さ・労使の交渉の経緯等の要素を総合し、「合理性のある」不利益変更であると判断される場合に、労働条件の変更が効力を持ち得ます。

ご質問中の、賃金面の対応や、変更の理由等を見る限りは、ある程度の合理性があるように見受けますが、労働時間の負担の増える不利益変更ではあるため、労働者への説明や対応を慎重に進められることをお勧め致します。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 労務管理 勤怠・休憩時間

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑