2回目の育休の取得希望は拒めるのか?

昨年2月に育児休業を1年間取得した男性社員がおります。夫婦ともに当社の従業員であったため、夫婦で育児休業を取得していました。

今年2月に復職しましたが、今年3月に2人目の妊娠が判明し、奥さんの方は退職をしました。

 

その後、最近になって2度目の育児休業取得を希望してきました。

1回目の時も、当社では男性の育児休業取得の実績は無く、1年間は会社としても厳しいという旨を伝えましたが、本人の希望が強くやむなく了解しました。

 

今回、2度目の育児休業の希望があるという連絡がありました。当社としては1回目は1年間なんとか取らせることができましたが、現在の業務や立場も含め、仮に取らせることが出来ても長期は難しい旨を伝えたいと思っております。

法律的・道義的に問題があるのか、教えていただけますでしょうか。

回答

育児休業の申出を拒否することは明確な法令違反となります。
性別にかかわらず、育児休業は法律に基づき労働者が請求できる権利であり、育児休業の申出を拒むことはできません。
配偶者が専業主婦(夫)である場合にも、育児休業を取得することができます。

育児休業を希望する理由を聞き、業務にできるだけ支障がないような休業を勧めてみてはいかがでしょうか。
二人目のお子様の出産のため、奥様が入院されている期間、上のお子様を祖父母等にみてもらうことが難しければ、当然、ご本人が育児休業を取る必要があることとなります。
恐らく、上のお子様はまだ1歳かと思われますので、奥様の退院後も、しばらくの期間は育児休業が必要になることも当然考えられます。
この場合には、例えば、「パパ休暇」(ママの出産後8週間以内の期間に、パパが育児休業を取得した場合には、再度、パパが育児休業を取得できる)を使うと、その期間育児休業を取得し、復帰した後、再度、育児休業を取得することができます。

現場の所属長にも制度について説明の上、ご本人の希望に沿う育児休業が取得できるよう、話を進められるとよいでしょう。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 労務管理 育児介護休業

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑