最低賃金の適用対象はどこまで?

図5

質問

特定最低賃金について、質問いたします。

当社は特定最低賃金が適用される業種の事業を営んでおりますが、事務職の社員にもこれは適用されるのでしょうか?

回答

特定最低賃金については、事務職にも適用されます。
特定最低賃金は、特定の産業に限って設定される最低賃金で、業種に関わらず全ての労働者に適用される地域別最低賃金とは異なり、その産業の「基幹的労働者」に適用されます。
基幹的労働者は、以下を除く労働者になります。

・18歳未満又は65歳以上の方
・雇入れ後一定期間未満の技能習得中の方
・その他当該産業に特有の軽易な業務に従事する方

この適用除外のケースのうち、「その他当該産業に特有の軽易な業務に従事する方」についてですが、
具体例としては、北海道で特定最低賃金の対象業種にあたる「鉄鋼業」では、「清掃、片付け、整理、雑役又は炊事の業務に主として従事する者」、「みがき又は塗油の業務に主として従事する者」になります。
都道府県ごとに、適用業種や適用除外となるケースが細かく異なっておりますので、ご質問で想定されている「事務職」が「当該産業に特有の軽易な業務に従事する方」に該当するかどうか、各都道府県労働局へ確認してみるとよいでしょう。

いわゆる一般的な事務職(営業事務、貿易事務等)については上記の該当せず、特定最低賃金の適用対象となります。

公開日: 賃金

The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。給与計算、社会保険に関するQ&Aや、法改正など旬の人事ニュースはもちろんのこと、企業人事に役立つマニュアル、Excelツールなども無料配信中!企業人事のお悩み相談はこちらhttps://media.o-sr.co.jp/consulting/

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑