試用期間の延長について

0627

当社では新しく入社した社員には三か月の試用期間を設けております。

 

このたび、現場の管理者より「勤務遂行能力が低いため、試用期間を延長したい」との申し出がありました。
就業規則には、試用期間に関し「適性評価に時間を要すと判断される場合、1年以内の期間に延長することができる」と定めておりますので、追加で3ヶ月試用期間を延長しようと考えております。

 

この場合問題なく延長ができるでしょうか?

もちろん延長に関しては理由を本人に伝え、きちんと話をするつもりです。

回答

試用期間を延長する場合、延長が労働者にとって不利益な内容であることから、就業規則上に延長することができる定めをおくこと、延長の合理的な理由が必要になります。
ご質問の件については、入社社員が業務遂行能力を欠いていて、さらに社員としての適性をみていく必要があるという理由での延長ですが、その旨を就業規則で定めており、3ヶ月の延長期間ですので、問題ないと考えます。
対象者に対しては、延長となった理由を示し、改善を促すための指導をきちんと行っていく必要があります。
The following two tabs change content below.
船水 希恵

船水 希恵

給与計算・社会保険手続き・助成金・総務・法務担当。時々ITリテラシー研修講師。モットーは、「目の前に立ちはだかるトラブルは私の栄養でしかない。」北の国からやって来て、3度東京の夏を乗り越えてだいぶ逞しくなりました。チャンスやご縁を大切に日々精進して参ります!

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑