休日まで追いかけてくる上司のLINE

うちの上司、休日まで仕事のLINEを送ってくる!

そんな人はあなたの周りにはいませんか?

 

仕事でLINEを使用している人はどのくらいいるの?

2014年にMMD研究所が行った「ビジネスパーソンのコミュニケーションツールに関する調査」によると、仕事に利用しているコミュニケーションツールとして一番多いのがLINEであったといいます。(「よく利用している」43.3%、「たまに利用している」18.1%)

それについでFacebook(同29.6%、22.3%)、Skype(同12.0%、17.8%)という結果が出たそうですが、LINEの根強さは想像を超えていました。

 

これを読んでいる皆さんの中にもLINEを業務で使用している方は多いのではないでしょうか。

それでは、改めてLINEのメリットやデメリットを見てみましょう。

 

LINEを業務で使用するメリット・デメリットにはどんなものがある?

実際にLINEを業務に取り入れている人の話を聞いてみると、

・メールでのやりとりが減るため効率がよい

・グループトークで情報共有がスムーズ

・既読機能があるので、報告を読んだか読んでいないかがすぐにわかる

 

このようなものが上がってきました。確かに「既読」がついていれば、自分の発信したことが相手に伝わったかどうか、一目でわかりますし「ご確認いただけましたか?」なんてメールを送ったり、電話をしたりする必要もなくなります。ましてそれが多数の人に対して行えるとしたら、手軽に報連相ができますよね。

 

しかしデメリットとしてはこんな声も上がっています。

・情報漏えいの危険性

・就業時間外にも拘束される

情報漏えいの問題は深刻で、自分が考えていたつもりだったとしても、知らない間に起こっているということがニュースでもよく見受けられます。

特にLINEは皆さんご存知の友達追加機能というものがあり、気をつけていても自動で更新がかかってしまうことも…。

 

また、LINEは個人の携帯電話・スマートフォンで使用していることが多いため、就業時間外でも簡単に業務の指示を出すことができてしまいます。

そのメッセージを見ないままでいたり、返事を返さなければ問題はありませんが、「既読」がついているのに返事をしないことに後ろめたさを感じ、そのままやり取りが発生していつの間にか仕事をしていた…なんてことも。

 

こちらの記事では、そんな状況について、「指揮命令下にあれば「労働時間」とみなされる」と伝えています。

終業時刻後のLINEでの連絡や応対が「会社の指揮命令下にある」と判断できる場合には、それは労働時間とみなされ、もちろん賃金も発生するとのことです。

ただ、実態を確認することが難しい(本当に会社の指揮命令下にあるのかどうか)ため、前例となる裁判例もまだないようです。

 

参考記事:

仕事でLINEを利用するメリット・デメリット

どうする?休日の上司からのLINE業務連絡

 

 

それにしてもLINEを仕事で使う人ってこんなにいるんですね。

弊社は個人情報の取り扱い上、各自の情報端末については、休憩スペース・屋外での使用のみが許可されているため、仕事で端末を使うことも稀なのです。

業務で使用する場合は、メリットについてもデメリットについても勉強して、うまく付き合う必要がありますね。

 

The following two tabs change content below.
marcy

marcy

SRの広報写真担当(のつもり)。常駐業務とバックオフィス業務を両方持たせていただいております。簪を日常に取り入れたい。
marcy

最新記事 by marcy (全て見る)


公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑