三井住友銀、労組がベア要求へ 97年以来17年ぶり

春闘に向けて、大手企業各社の労働組合が、アベノミクスと政府の企業への賃上げ要求を受け、次々とベア要求を打ち出そうとしています。(ベースアップ・給与テーブル全体を一律値上げすること)

90年代不良債権問題で痛手を受け、ベアを控えていた金融業界もついに景気回復の芽が出ている兆しで、三菱東京UFJ、みずほもベア実施すれば実に19年ぶりとなります。この動きが中小企業にも波及するかはまだ未知数ですが、春闘を前に自分の業界の賃上げ率、自社の過去の賃上げ推移は、ベアを行うにしても、しないにしても、押さえておく数字ではあるでしょう。

◆◇◆

参照元:2014年2月24日 朝日デジタル

三井住友銀行の労働組合は24日までに今年の春闘で従業員の賃金を底上げする「ベースアップ(ベア)」を求める方針を固めた。年間給与総額を0・5%増やし、1人あたり月千円以上の給与引き上げを求める。同行でのベア要求は1997年以来17年ぶり。

3月中に正式に経営側に要求する。同行は「要求があれば、総報酬引き上げの観点から真摯(しんし)に検討する」としている。

一方、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行の労組もベア要求を検討しており、経営側は認める方向だ。メガバンク3行でベアが実現すれば、95年以来19年ぶりとなる。メガバンクは90年代後半以降の不良債権問題で経営が悪化し、ベアも行わなかった。しかし、足もとでは過去最高水準の利益を計上。業界を監督する金融庁は安倍政権の意向を受け、各社に賃上げを求めている。

アベノミクスによる株高で業績好調な証券業界でも、賃上げの動きが広がっている。野村ホールディングスや大和証券グループ本社は、若手社員を中心に2~3%程度賃上げする方針だ。インターネット証券でも賃金改善の動きが出ている。(野上英文)

The following two tabs change content below.

m-sr

最新記事 by m-sr (全て見る)


公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑