【保険料率改定】協会けんぽの保険料率が3月分(4月納付分)から改定

28年 協会けんぽ保険料 2

中小企業等で働く従業員やその家族が加入されている健康保険は、従来、国(社会保険庁)で運営していましたが、平成20年10月1日、新たに全国健康保険協会が設立され運営することになりました。その全国健康保険協会が運営する健康保険のことを「協会けんぽ」といいます。

 

 

その「協会けんぽ」の保険料率が、この度、改定されることになりました。

 

平成28年度の協会けんぽの健康保険料率及び介護保険料率は、本年3月分(4月納付分)*からの適用となります。

*任意継続被保険者の方は4月分(4月納付分)から変更となります。

 

協会けんぽの保険料率は都道府県ごとに異なり、今回引き上げされているのか、それとも引き下げられているのかも都道府県によって異なります。前もって一度ご確認ください。

各都道府県ごとの保険料率は、記の表をクリック・拡大して確認することができます。

 

 

平成28年度都道府県単位保険料率

28んrン保険料率 表

保険料率が変わるということは当然健康保険料の金額も変わってきます。正しく保険料率を反映しなければ社員の給料から天引きする金額を誤り、社員に迷惑がかかる事にも繋がりますので、是非一度保険料率のご確認を!


公開日:

The following two tabs change content below.
大石夏実

大石夏実

『会社の裏側から働く人を支えたい!』そんな思いから、九州の島から上京。新卒採用、定着、教育、研修を中心に記事を書いていきます!

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑