育児と仕事の両立のための短時間勤務制度を設けると40万円が受給できる・・・!?【後編】

【後編】

 

Bさん:優秀な女性社員に出産後も続けて勤務してもらいたいですよね。ところで、女性にとって育児と仕事を両立する上で障害になることは何かお分かりですか?

 

Aさん:そうですねー、子供が小さいうちは世話に手間がかかるでしょうね。子供を生む前と同程度の時間働くのは難しいでしょうね。

 

Bさん:そうなんです!出産前と同じくらいの時間仕事をしていては、子育てはなかなか難しいという課題があるんです。

 

そこで、育児中の社員のための短時間勤務制度を設けるともらえる助成金があるんですよ。

 

Aさんの会社の場合は中小企業に該当するので、1日の所定労働時間が7時間以上の社員について、1日の所定労働時間を1時間以上短縮する制度を利用させると、1人目に関しては40万円、2人目~5人目に関しては15万円が受給できますよ。

ちなみに金額は若干違いますが、大企業でも受給できます。

 

Aさん:へぇ~。さすがAさん。短時間勤務では活躍してもらえる時間が短くなってしまうのがちょっと残念な気がしないでもないですが・・・。まぁでも、辞めてしまうことに比べたらいいですね。短時間勤務制度の導入、検討してみます!

 

こうしてAさんはBさんのアドバイスのもと、短時間勤務制度を設計して運用し始めました。4人に適用して、40万円+15万円×3人=85万円を受給できたそうです。

 

【終わり】

 

 

弊社では助成金に関するお問合せを随時受け付けております。お気軽に下記「無料労務相談のお申し込み」よりお問合せ下さい!助成金専門スタッフがお答え致します!

 

また、この記事の前編はこちらからどうぞ!

The following two tabs change content below.

船水 希恵

バックオフィスと常駐先クライアント企業様にて、給与計算・社会保険手続き・労務相談・Excelを活用した業務改善支援に従事しています。 兎と亀で言うと亀タイプ。皆様のお役に立てるよう日々努めて参ります。 給与・手続き→労務相談・規程作成に業務の比重を移すべく鋭意自己研鑽中。

最新記事 by 船水 希恵 (全て見る)


公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    用語説明

    チャット労務士相談

  • 人事コンサル&社労士事務所

    株式会社 HALZ / 社会保険労務士法人 HALZ
PAGE TOP ↑