【EXCEL関数(初級編)】簡単な関数でも組み合わせることで「時系列分析ツール」が作成できる!!【YEAR・MONTH・DAY関数、HOUR・MINUTE関数】

 

組み合わせや使い方で効果絶大、Excel関数はこう使う!

今回ご紹介するのはこちら

 

YEAR 関数  YEAR ( シリアル値 )
MONTH 関数  MONTH ( シリアル値 )
DAY 関数  DAY ( シリアル値 )

 

HOUR 関数  HOUR ( シリアル値 )
MINUTE 関数  MINUTE ( シリアル値 )

 

エクセル関数は複数の関数を組み合わせて利用することで、単独での利用よりももっと早く簡単に業務が行えるようになります。

 

1.YEAR・MONTH・DAY関数、HOUR・MINUTE関数とは・・・?

YEAR・MONTH・DAY関数もHOUR・MINUTE関数もシリアル値(日付や時刻を数値で表した値)を求めるときに使用する関数です。

 

・YEAR関数:1つのセルに入った『日付』から『年』を抽出する関数

・MONTH関数:1つのセルに入った『日付』から『月』を抽出する関数

・DAY関数:1つのセルに入った『日付』から『日』を抽出する関数

 

・HOUR関数:1つのセルに入った『時間』から『時刻』を抽出する関数

・MINUTE関数:1つのセルに入った『時間』から『分』を抽出する関数

 

動画で見たい方はこちら!

この関数の入力方法は以下の通りです。

   YEAR関数     YEAR(シリアル値)

 

   MONTH関数     MONTH(シリアル値)

 

   DAY関数     DAY(シリアル値)

 

   HOUR関数     HOUR(シリアル値)

 

   MINUTE関数     MINUTE(シリアル値)

 

 

・YEAR・MONTH・DAY関数

例:A2の『日付』から『年』『月』『日』をそれぞれを表示させる

=YEAR(A2)、=MONTH(A2)、=DAY(A2)

と入力します。

すると、『日付』から『年』『月』『日』を抽出することができました。

 

 

 

 

・HOUR・MINUTE関数

例:A5の『時間』から『時刻』と『分』をそれぞれを表示させる

=HOUR(A5)、=MINUTE(A5)

と入力します。

すると、『日付』から『時刻』『分』を抽出することができました。

 

2.実用例のご紹介

それでは実用例をご紹介致します。

YEAR・MONTH・DAY関数HOUR・MINUTE関数は組み合わせることによって、時系列分析が可能となります。

 

例:新卒採用において、学生がどの時期に、どの時間帯にエントリーするのかを把握したい

 

STEP1:予め、エントリー月、エントリー時刻をグラフの元データとして設定しておく

 

STEP2:MONTH関数、HOUR関数を入力する

↓↓↓

一瞬で分析ツールとはなりました!

 

ぜひご活用ください!

The following two tabs change content below.
工藤聡貴

工藤聡貴

映像/エンタメ/不動産/アパレル/人事コンサル/看護など、様々な業界の採用支援に従事。主に採用/研修・育成に関するお役立ち情報をお届けしたいと思っています。*趣味はツーリングとケーキ屋巡り                      【プロフィール:https://recruit.o-sr.co.jp/career/career_list/toshiki_kudo】
工藤聡貴

最新記事 by 工藤聡貴 (全て見る)


公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑