【EXCEL関数】人事担当者必見! 勤続年数を指折り数えてませんよね?【DATEDIF関数】

 

組み合わせや使い方で効果絶大、Excel関数はこう使う!

今回ご紹介するのはこちら

 

DATEDIF 関数  DATEDIF ( 開始日 終了日 単位 )

 

 

この DATEDIF 関数をご紹介する前に、1つお尋ねします。

 

『数百人の社員のそれぞれの勤続年数を、一瞬で算出できますか?』

 

 

ご存じない方は是非これからご紹介する『 DATEDIF 関数 』をご活用ください!

 

 

 

DATEDIF 関数とは?

DATEDIF関数とは、2つの日付の間の日数、月数、または年数を計算します。

 

動画で見たい方はこちら!

 

この関数を使用する際には、以下のように入力します。

 

DATEDIF 関数

 DATEDIF ( 開始日 終了日 単位 )

 

開始日 ・・・ 期間の最初の日付または開始日を表します

終了日 ・・・ 期間の最後の日付または終了日を表します

単位  ・・・ 返される情報の種類を指定します

 

「返される情報の種類を指定する」というのは、

「年数」「月数」「日数」のどの単位で計算結果を表示するかを選択する、ということです。

単位は複数ございますが、勤続年数や年齢を算出する際に用いられることが多い関数のため、

”Y” と入力されることが多いです。

 

 

 

 

【実践】勤続年数を DATEDIF 関数で算出

 

それでは実際に、勤続年数を算出していきます。

図のように入社日だけ把握している社員データから、それぞれの勤続年数を算出します。

 

勤続年数を算出するということは、

「入社日から本日までの日付の間の年数」を算出することですのでDATEDIF関数を使います。

 

値を入力したいセルにカーソルを合わせ、DATEDIF関数を入力していきます。

 

開始日 ・・・ 入社日

終了日 ・・・ 本日の日付

単位  ・・・ 年数を求めますので ”Y”

 

計算の結果は以下の通り。

この関数を活用することによって、500名分の勤続年数を一瞬で算出することができます。

 

 

 

まとめ

 

もちろん勤続年数だけではなく、

生年月日から年齢を算出したり、

プロジェクト開始からの経過日数を算出したりと

2つの日付の間を算出する際に活躍する関数です。

 

DATEDIF 関数  DATEDIF ( 開始日 終了日 単位 )

 

『 DATEDIF関数 』是非ご活用ください!

The following two tabs change content below.

大石夏実

新卒採用業務の経験を積んだのち運用Gへ異動。大小様々な規模の企業の社会保険手続き等に携わりながら、もっと深堀したいこと、より詳しく紹介したいことを記事にしていきます。

最新記事 by 大石夏実 (全て見る)


公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    用語説明

    チャット労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑