自宅待機命令、給与の支払いは必要ですか?

就業規則の見直しをしています。
懲戒処分前の事実調査のため、自宅待機を命じることがあると規定があるのですが、その間の給与支払いについては特に規定がありません。
自宅待機期間中は給与の支払いは必要なのでしょうか?

回答

懲戒処分に関する調査に時間を要し、その間、出社に適さない事案(例:横領、セクハラ・パワハラ)の場合には、懲戒処分の前段階で自宅待機を命じることがありますが、これは懲戒処分でなく、業務命令による自宅待機となります。
この自宅待機中の給与を支払う義務があるかどうかですが、使用者の業務命令であれば、懲戒処分の調査であったとしても賃金を全額支払うことが原則となります。(なお、就業規則に休業手当の金額(平均賃金の6割)と設定することは可能です)

一方で、「当該労働者を就労させないことにつき、不正行為の再発、証拠隠滅のおそれなどの緊急かつ合理的な理由が存する」など、社員の就労を許容しないことについて実質的理由が認められる場合には、例外的に賃金支払義務を負わないこととされています(日通名古屋製鉄作業事件/名古屋地裁H3.7.22)。なお、このようなケースでも給与を支払わないこととする場合には、就業規則にその旨の記載がなければなりませんので注意が必要です。
The following two tabs change content below.
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」のwebメディア。人事制度、採用、労務、HRtech、法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 労務管理

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    用語説明

    チャット労務士相談

  • 人事コンサル&社労士事務所

    株式会社 HALZ / 社会保険労務士法人 HALZ
PAGE TOP ↑