入社日延期を理由に内定を取り消すことは可能ですか?

内定を出した中途の方から現職の引継ぎの関係により、入社日を延期したい申し出がございました。

こちらとしては、できる限り早くご入社いただける方に来ていただきたいと考えている関係で、内定を取り消したいと考えております。

その場合、既に内定をお出ししている方に対し、入社延期を理由にした内定の取消は可能でしょうか。

またその場合に注意すべきことはあるでしょうか。

回答

結論から申し上げますと、内定を取り消すことのできる該当事由が発生すれば内定取消は可能です。

今回の場合で言いますと、本人に交付した内定通知書に入社日に確実に入社ができることを条件として契約を締結しているのであれば条件付労働契約の不成就として、取り消しが可能です。例えば、新卒採用時の卒業条件などはこれに当たります。

注意点として、条件付労働契約の不成就を理由にいきなり内定を取り消してしまうと、問題が発生してしまう可能性があります。その為、一度調整の話し合いを設ける事が一般的です。
一度内定者と話し合い、なぜ延期を行うのか、延期を短くできないかということを話されてはいかがでしょうか。事情によってはお互いの妥協点を見つけられるかと思います。
The following two tabs change content below.
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」のwebメディア。人事制度、採用、労務、HRtech、法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日: 労務管理

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    用語説明

    チャット労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑