中小企業の36協定の使用様式は新様式?旧様式?

労基法の改正で時間外労働の上限が規定されたため、2019年4月以降、36協定の様式が新しく
なりますが、中小企業の場合は施行が1年遅れとなります。
中小企業は新旧どちらの様式を使用すればよいのでしょうか?

回答

結論としまして、旧様式での届出となります。
新様式でも受理されますが、その際には用紙の下の方に記載のある「上記で定める時間数にかかわ
らず、時間外労働及び休日労働を合算した時間数は、1箇月について100時間未満でなければならず、
かつ2箇月から6箇月までを平均して80時間を超過しないこと。」というチェックボックスにチェッ
クをする必要はありません。
ただし、経過措置期間中であっても、上限規制に対応できる場合にはチェックボックスにチェック
をして届出することは問題ありませんが、もしその上限時間を超えてしまうと法違反となりますの
で注意が必要です。

なお、大企業は2019年4月以後の期間のみを定めた36協定から、新しい様式で届出ることになり
ます。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑