治療拒否の職員に対する対応

職員健診において数年高血圧が指摘されています。
その度に産業医・保健師から指摘をされ治療を促しています。
程度としては要治療レベルです。
産業医面談を数回してもらいましたが断固治療拒否をしています。
産業医としては治療するまで出勤停止という意見書を出すそうです。

会社側の対応としては
①業務命令として治療を指示
②拒否することが予想されますが拒否し続けた場合は懲戒(譴責)
③懲戒(休職)・・・有給にせざるを得ないですかね?
④懲戒(解雇)
というような流れを想像しています。

回答

会社側の安全配慮義務に従い、①について指示することに問題はございません。
②から④につきましては懲戒処分になりますので、まず御社就業規則の懲戒理由に該当するかどうかが判断の基礎になります。

該当する懲戒要件のある場合には(業務上の指示命令に従うという服務規律違反など)、無給での出勤停止にあたって書面で通知を行い、懲戒理由を明示することでその後のトラブル回避につながると考えます。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑