賃金テーブルの運用について

弊社は、等級に応じて給与レンジ(下限額と上限額を設けたテーブル)を設けていますが、今回の評価によって、ある等級の賃金テーブルを超えてしまう社員が出てきました。
本来は、超えることはないのですが、成績や評価も良く、ベテランで、社内でもかなり評判もいい社員であるため、モチベーションについても考慮して、賃金テーブルを超えて昇給したいと考えています。このような場合の問題はありますでしょうか。
また、次のようなことが社内運用として行われています。
・賃金テーブルは公開していない
・給与規程に昇給の停止については、触れていない

回答

ご相談のように、給与レンジを超えて昇給する必要があります。これは、賃金テーブルが公開(規定)されいていないこと、昇給停止についても規定されいていないことにあります。
しかしながら、このような取扱いをすることは、現状の人事制度上、問題が残ると思われます。
現在の人事制度で賃金テーブル(レンジ)を設けた意図、目的があるはずですが、このことを無視(形骸化)させることとなりますので、賃金テーブルや昇給停止の規定、公開を持って正しい運用(人事制度の目的の達成)に結びつくこととなります。
今回のような社員のことを考えて、また、このような社員をより多く育てる意味でも、このような方を処遇する仕組み、キャリアパス等を整備することが良いかと存じます。昨今のシニア社員の活用という面からも複数のキャリアパスによるシニア社員、ベテラン社員の再戦力化が必要となりますので、これを機に検討されてはいかがでしょうか。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    無料労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑