在宅勤務者が外出中に怪我をした場合も労災認定される?

ある従業員が在宅勤務中に業務上の郵送物を送るためポストに向かっていたところ、信号無視をした自転車とぶつかって怪我をしたそうです。

 

本人は業務中の怪我であるのだから労災であると言っておりますが、よく聞くとお昼時でしたので外食に行きがてらポストに投函しようとしていたとのことです。

そうであれば休憩時間中に起きた事故であり労災対象外であるような気もします。

 

在宅勤務ですと管理監督下にあるか否かの判断がつきにくいため、業務災害としていいものかわかりません。

 

在宅勤務中の労災の認定基準をお教えいただけないでしょうか。

回答

厚生労働省から、「テレワークを行う労働者にも、労働基準法、最低賃金法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法等の労働基準関係法令が適用される」というリーフレットも公開されているとおり、在宅勤務中の労災認定は基本的に通常の勤務者と変わりはありません。
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/3003011.pdf

ですので、本件においては郵送物を送ることが業務命令であったかどうかと、どのタイミングでポストに寄ったかがポイントとなります。

① 自宅 ⇒ ② ポスト ⇒ ③ 昼食 ⇒ ④ 自宅

郵送物が業務命令で郵送が必要なものであり、①と②の間で事故にあったのであれば業務中に起きた事故であり業務災害になると考えられます。
「ポストに投函する」という業務を遂行している最中に起きた事故であるためです。

②~④の間で起きた事故であれば休憩中とみなされる可能性が高いでしょう。
業務を完了し、休憩中に起きた事故であると考えられるためです。
(労災の認定は最終的には管轄の労働基準監督署で個別具体的に行われるものとなりますので、こちらは参考としていただけますと幸いです。)
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    チャット労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑