健康保険傷病手当金の待期期間の定義とは?

現在、私傷病により会社を長期休職している社員がおります。

 

健康保険の傷病手当金の支給申請を行いたいと考えていますが、傷病手当金の支給を受けるにあたり3日間の【待期期間】が完成していなければならないと聞きました。

この【待期期間】の定義、条件はどのようなものなのでしょうか?

回答

傷病手当金の待期期間ですが、まずこの3日間は連続している事が第一の条件です。この3日間については、土日祝日等の公休日、年次有給休暇も含まれます。給与の支払いがあったかどうかは関係ありません。
また就労時間中に業務外の理由で生じた傷病(例えば持病の発作、歯痛等)によって労務不能と診断された時は、その日が待期期間の初日となり、期間に算入されます。ただし、就労時間を厳密に定義すれば、所定労働時間(休憩含む)のことを指します。よって、次の場合は翌日が待機期間初日となるので注意が必要です。
*時間外勤務中(残業、休日出勤など)

他、待期期間についての注意点としては以下のようなものがあげられます。
*3日連続休業をした後、出勤を挟んで休業4日目に入った場合も支給対象
⇒給与の対象となる出勤日は給付金の支給対象から外れます

*被保険者期間が1年以上であれば退職後も支給対象
⇒在職時に加入していた健保組合に任意継続する必要はありません。

*退職日に退職の挨拶に出向いても、出勤扱いにはしないこと
⇒退職後に受給する場合、「被保険者資格喪失日の前日に、現に傷病手当金を受けているか、受けられる状態である場合」ことが条件となります。退職日に出勤する=労務可能な状態とみなされます。

*休職→復職の場合などで、リハビリ勤務中の傷病手当金は受給可能な場合がある
⇒リハビリ勤務で給与発生後でも、元の状態まで回復するまでの期間も申請可能。ただし給与の支払い状況で減額、支給まで時間かかる場合あります。
The following two tabs change content below.
SR人事メディア編集部
人事実務の専門家集団「社会保険労務士法人人事部サポートSRグループ」が運営する経営者と人事担当者向けのwebメディア。人事制度、採用、給与計算、社会保険のQ&Aや法改正など旬の人事ニュースを掲載。実務に役立つExcelツールも無料配信中!https://media.o-sr.co.jp/consulting/
SR人事メディア編集部

最新記事 by SR人事メディア編集部 (全て見る)

公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
  • 採用情報

    SRのマイナンバー対策 マイナンバー対応実務セット

    ベンチャー企業のためのCloud勤怠管理システム

    介護離職防止サービス あわーず福利厚生課

    お役立ち書式 無料ダウンロード

    チャット労務士相談

  • 総合人事コンサルティング事業

    株式会社アウトソーシングSR

    労務・給与計算サポート事業

    社会保険労務士法人 人事部サポートSR

    就活支援事業

    株式会社ベストソーシングSR

    人事・経理・法務アウトソーシング事業

    HALコンサルティング

    社会労務士マーケティング支援

    Bowman & SR Partner Co.,Ltd

    訪問看護事業

    あわーず
PAGE TOP ↑