ホワイトカラー・エグゼンプション 年1075万円以上が対象か

PAK86_nayamubiz20131223500-thumb-900x600-4605

ホワイトカラー・エグゼンプションとはホワイトカラーとされる働き方をする人を対象に、労働時間規制の適用を外し(exempt)、働いた時間に関係なく、成果に対して賃金を支払う制度を意味します。対象となる年収条件は、当初1,000万円以上としか決まっていませんでしたが、1/8の日経新聞によると、対象が年収1,075万円以上の専門職に限ることが明らかになりました。対象となれば、週40時間の労働時間規制が外れることになります。

 

 

なお厚労省は過労を防ぎ、対象者の健康に配慮するため、従来の労働時間とは別に在社時間などを企業に把握することを求めた上で、(1)年間104日の休日取得の義務付け(2)在社時間の上限規制(3)仕事を終え次に働くまで一定の休息時間を設ける「勤務間インターバル規制」-のいずれかを導入企業に選択させる考え。医師による面接指導も義務化することがわかりました。

 

 

対象者の勤務時間の管理をしなくてよくなるとの記載を報道でよく目にしますが、健康上の観点からは結局労働時間を把握し、管理することが必要となるでしょう。

日経新聞によると「職種は金融ディーラーやアナリスト、医薬品の開発者、システムエンジニアなどを想定。年収と職種の条件は労政審の分科会で議論して、法案成立後に省令で定める。」ということがわかっています。また、「今後、与党との調整を経て労働基準法改正案を閣議決定し、26日召集の通常国会での成立と16年春めどの施行を目指す」とのことです。


公開日:

The following two tabs change content below.
本澤 彰一

本澤 彰一

メインテーマ 【人事×動画化×A4一枚化×エクセル分析】 

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑