いま噂の「睡眠推奨制度」とは!?

LIG_kodokunizangyoucyuu500

社員に昼寝を推奨する会社が現れた。

神戸市にある「ナノコネクト」という会社では、昼休みが終わり、1時を過ぎると一斉に電気が消えはじめ、社員がおもむろにアイマスクを付け、なんとデスクにうつ伏せになり睡眠を取り始めるそうだ。

参照元:http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201410/0007428921.shtml

 

驚く人もいるかと思うが、これは同社が今年4月から取り入れたという「木漏れ日タイム」制度だという。業務時間内に15分の睡眠をとるもので、あくまで「仕事」の一環と位置づけ全員参加が原則であり、勤務時間の延長もないという。「午後の眠けがなくなった」「生産性が上がった」など、効果があったと思われるアンケート結果が得られたそうだ。この会社では、こうした社内制度改善に努めた結果、昨年と比較して離職者が半減するなどの予想外の効果が得られたという。

 

 

厚労省が今年3月に、「健康づくりのための睡眠指針」を更新し、その中に以下の一文を盛り込んだ。

毎日十分な睡眠をとることが基本ですが、仕事や生活上の都合で、夜間に必要な睡眠時間を確保できなかった場合、午後の眠気による仕事の問題を改善するのに昼寝が役に立ちます。午後の早い時刻に 30 分以内の短い昼寝をすることが、眠気による作業能率の改善に効果的です。

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000042751.pdf

社員を活かすために、タブーとされている就業中の睡眠をあえて制度化するのも一つの策。

 

 

 

SRグループには、制度構築や運用方法の他社事例が豊富にあります。

お気軽にご相談ください。

btn_contact

 

 

 

 

メルマガ会員登録者数はおかげさまで4,000人を突破しました。

またSRグループは、有益な情報をメールマガジンで配信しています。助成金・法改正・人事制度・人事に関するニュース等、経営者や人事部の方に役立つ情報が満載です。 お気軽にご登録ください。

 

メルマガ登録はこちら↓

http://a.hml.jp/bm/p/f/tf.php?id=hm020218

 

 

 


公開日:

The following two tabs change content below.
本澤 彰一

本澤 彰一

法改正情報や統計などをもとに記事を書いています。ITリテラシー研修講師。

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑