【注意】熱中症による死亡災害の発生状況 3年連続増加

熱中症による死亡災害及び労働災害の発生状況

平成26年5月29日、厚生労働省が発表した平成25年度の「職場での熱中症による死亡災害の発生状況」によると昨年(平成25年)の職場での熱中症による死亡者は30人と、平成24年よりも9人多くなっており、3年連続で上昇しています。

 業種別にみると、「製造業」(7人←平成24年4人)、「農業」(1人←同0人)、「運送業」(1人←同0人)、「その他の事業」(9人←同2人)で増加し、「建設業」(9人←同11人)、「林業」(1人←同2人)で減少し、「警備業」(2人←同2人)で同数となっています。

 

また、死亡した30人の状況をみると、WBGT値*(暑さ指数)の測定を行っていなかった(28人)、計画的な熱への順化期間が設定されていなかった(30人)、定期的な水分・塩分の摂取を行っていなかった(14人)、

熱中症の発症に影響を与えるおそれのある疾病を有していた(14人)など、基本的な対策が取られていなかったことが分かります。

 

厚生労働省では、職場での熱中症の予防について、
・WBGT値を測定することなどによって,職場の暑熱の状況を把握し、作業環境や作業、健康の管理を行う

・熱への順化期間(熱に慣れ、その環境に適応する期間)を計画的に設定する

・自覚症状の有無にかかわらず、定期的に水分・塩分を摂取する

・熱中症の発症に影響を与えるおそれのある、糖尿病などの疾患がある労働者への健康管理を行うなどの具体的な対策を定めています。

 

睡眠不足、体調不良、前日に飲酒、朝食を食べていない、発熱・下痢による脱水症状などがみられる場合は、熱中症の発症に影響を与えるおそれがありますので、体調管理を徹底して夏を乗り越えましょう。

 

また、社員の健康管理にも目を配り、労災リスクを減らしましょう。

 

我々はベテラン特定社労士や一部上場企業人事部経験を活かした労務相談や助成金を活用した労務管理研修等を行っています。

事例はこちら

https://sharoushi.o-sr.co.jp/

 

 

 

 

 


公開日:

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑