【正社員の最賃割れ注意】 最賃 過去最高24円 全国平均822円

最賃推移

H28年7月28日、厚生労働省の中央最低賃金審議会からH28年度の最低賃金額改定の目安が発表されました。全国平均で過去最高の24円増額、平均で822円を目安とすることがわかりました。千葉、東京、神奈川、愛知、大阪は最大の25円の増額となります。現在東京都の最低賃金額は907円ですのでこの答申内容で決定されれば932円となり、H28年の10月に発行となる見込みです。パート・アルバイトの時給だけではなく、正社員の時間単価の見直しもお忘れなく。

 

 

最賃推移表

 

それぞれの地域の引き上げ額の目安は下表の通りです。

最賃表

 

 


公開日:

The following two tabs change content below.
本澤 彰一

本澤 彰一

法改正情報や統計などをもとに記事を書いています。ITリテラシー研修講師。

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑