え!? 介護休業規定の改定! 法改正 H28

図2

介護休業給付金40%⇒67%

仕事と介護の両立を目指す対策などを盛り込んだ「改正雇用保険法」や「改正育児・介護休業法」など関連6法が参院本会議で可決、成立しました。H28.8月1日より介護休業時の給付金が休業前賃金の67%に引き上げられます。

1回の要介護状態ごとに介護休業分割取得可能

来年1月1日より介護休業が3回まで分割取得可能となります。対象家族1人につき年5日(2人以上は10日)の介護休暇は、従来の1日単位の取得を柔軟化し、半日単位でも取れるようにします。

介護休業規定の改定が必要

育児介護休業規定などで、一の要介護状態につき一回の休業が取得できると定めている場合は、来年1月1日の法改正に合わせて規定を改定する必要があります。

 

 

図1

 

 

 


公開日:

The following two tabs change content below.
本澤 彰一

本澤 彰一

法改正情報や統計などをもとに記事を書いています。ITリテラシー研修講師。

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑