助成金活用術 都道府県ごとの助成金活用できていますか?活用したことがないってことありませんよね…

図2

事業主の皆様、人事、総務の皆様

都道府県毎に助成金があるのはご存知かと思いますが、しっかり活用できていますか?

国の助成金と同じような助成金もあり、国の助成金はもらったが都道府県別の助成金は…

と、もらえるはずの助成金をもらわない

もったいない企業が増えています。。。。

今回は1例ではありますが、東京都の助成金をご紹介いたします。

 

【主要要件】

東京労働局管内の「若者応援宣言企業」で、ハローワークの紹介により、対象となる若者(※)を正社員として採用した事業主であること。

【対象となる若者】

次のいずれかの求人で正社員として採用され、都内事業所へ配属された35歳未満の者(新卒者及び採用日から過去1年以内に正社員であった者を除く)。

①    既卒者の応募を可とし、卒業後おおむね3年以上のものも応募対象としている大卒等

②    雇用対策法施行規則第1条の3第1項第3号の二に限定(若者応援宣言事業のため、35歳未満の若者を対象)しており、かつ、職務経験を条件としていない一般求人

【注意】

国が実施するトライアル雇用を活用して採用した場合は対象外

【支給金額】

対象となる若者一人当たり15万円を事業主に支給します。

【奨励金の手続き】

対象となる若者の採用後4か月が経過する日から6か月が経過する日の前日までの期間において、東京都に申請してください。
※6か月が経過した以降の申請は受け付けられません。

平成27年10月1日以降の採用分については、平成28年2月1日から受付を開始します。
上記期間中に東京都に申請してください。
※ただし、本事業は、平成28年度東京都歳入歳出予算が平成28年3月31日までに東京都議会で可決された場合において、平成28年4月1日に確定するため、支給決定は同日以降となります。

なお、平成28年4月1日に、奨励金の窓口が移転いたします(移転先は3月末ごろに案内予定)ので、申請時には提出先にご注意ください。

詳しくはこちらからご確認ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.hataraku.metro.tokyo.jp/koyo/hiseiki/wakamono/index.html#FAQ

また、なかなか情報収集ができない都道府県の助成金ですが、SRグループでは常に情報収集を行っております。

地方の助成金も活用し事業推進のために活用したい方はこちらからご相談ください。

もちろん地方の助成金だけではなく国の助成金も網羅しております!


公開日:

The following two tabs change content below.
むた

むた

2016年入社。社労士法人業務よりあわーずの新しい事業作りを行っています。入社間もないですが重要な仕事を任せていただき、日々やりがいを感じています。 人事メディアの記事は1週間でまずは1000viewが目標!

日常業務に関するちょっとした疑問から、コンプライアンス、人事戦略まで、お気軽にご相談ください。

無料労務相談のお申し込みは、以下のバナーからどうぞ!
無料労務相談のお申し込み
PAGE TOP ↑